Y様邸リフォームデータ

Y様邸リフォームデータ

住居形態木造ツーバイフォー住宅
施工費
施工期間30日
コンセプト「団塊世代のこだわりリフォーム」
和室を洋室(ホームシアター)にリフォーム
居間と和室の間の間仕切り壁を撤去できない構造なので(ツーバイフォー住宅)引違い戸を2枚、引込み戸に変更し(開口を出来るだけ大きく)居間からスクリーンを見ることが出来るようになりました。
また、寒い時にも快適に過ごせる様リビング共、床暖房に直し天井・壁は珪藻土仕上げに、床下は(抜群の除湿、脱臭効果があります)健康炭を敷き詰めました。
まさに団塊の世代の方々に住み心地の良い健康住宅として完成致しました。
システムキッチンはお客様のご要望もあり、面材はツートンカラーで、天板は大理石にし、食洗機を入れました。
また、追加工事としてカップボード(食器棚)もキッチンと同じ面材の物を入れさせて頂きました。

この度の改装工事におきましては、奥様にも大変満足していただけました事は、弊社にとりましても、大変嬉しく思いました。
これから団塊世代に似合った、こだわりリフォームをさらに求めていきたいと思います。
有難うございました。

お客様の声

インターネットで「ホームシアター」と検索したところ、近所のK&K建築工芸にたどり着きました。
リフォームの内容は、和室をホームシアタールームに改装する事がメインで、築年数も経っている事から、屋根・外装のリフォーム(特に外装で正面のデザインを考えたい)また、内装全般に、健康に良い仕上げをしたいとの希望でした。
K&K建築工芸さんにお会いし、さまざまな提案をして頂き、さらに私の希望も多く取り入れトータル的にまとめて頂きました結果、デザインも満足した仕上がりになりました。
又、お話しを進めていくうちに、K&Kさんは店舗の内装も多く手掛けられておられる事を伺い、今回の仕上がりに納得する事ができました。
特に祖父と同居の為、住みながらのリフォームが出来(仮住まいも考えず)ました事は本当に良かったです。

施工内容

voice_y_01voice_y_02


和室の床の間部分及び廊下よりの片引き戸襖を解体し洋間(オーディオルーム)に致しました。床の間の分(90cm)広くなり、壁いっぱいの100インチのスクリーンを設置致しました。入り口建具も洋風にリフォームしました。オーディオルーム・リビングの床は床暖房にし、ゆっくりとくつろげる空間になりました。和室がオーディオルームになった所をリビングから見た写真です。壁いっぱいの100インチのスクリーンの迫力が際立ちます。

voice_y_03voice_y_04


voice_y_13voice_y_16


システムキッチンはお客様のご要望もあり、面材はツートンカラーで、天板は大理石にし、食洗機を入れました。
又、追加工事としてカップボード(食器棚)もキッチンと同じ面材の物を入れさせて頂きました。現代的なキッチンにリフォーム出来ました。

voice_y_12voice_y_10


トイレはタンクレストイレにリフォームしました。
また、お客様のこだわりで腰壁を付けました。便座も同色の木目調のものにしました。とても柔らかい雰囲気に仕上がりました。

voice_y_07voice_y_08


2階ベランダは人工芝をテラコッタフロワーにリフォームしました。見栄えもすっきり仕上がり、水はけも良くなり掃除もしやすくなりました。

voice_y_14voice_y_15


築19年の屋根および外装の劣化改善工事で、塗装および1階部分正面をタイル貼りにし、イメージをかえ高級感を出しました。